産院選びについて

妊娠

こんにちは!管理人のみたろです!

みなさんはどういう場所で出産をされた、又はする予定ですか?
出産場所を決めるのは迷いますよね、今回はそれぞれの場所の特徴や、選ぶポイントなどについて書いて、産院選びに役立つ情報をお届けできたらなと思います!

出産場所の種類と特徴

総合病院、大学病院
色々な科が入っているので、何かあった時にはすぐ専門の医師が対応してくれる安心感があります。そのため、出産リスクが高い妊婦さんを受け入れています。
両親学級やマタニティヨガなどのクラスも充実しているところが多いのも特徴です。
待ち時間が長いことも多く、1~2時間待つこともあります。毎回の担当医も変わり、医師との信頼関係が築きにくいかもしれません。

個人病院、クリニック
医師が少なく(又は1人のため)、信頼関係は築きやすいと思います。面会時間制限がなかったり、立会いにも柔軟に対応してくれるところや、個室もあり、食事や産後のプレゼントが豪華なところが多いです。リスクに応じた出産は程度によりますが、高度なハイリスクだと受け入れできないでしょう。そんな時は、総合病院など大きな病院と連携していると安心ですね。

助産院
助産師が開業しており、医師はいません。妊娠から産後まで手厚くサポートしてくれて、相談など親身になってきいてくれます。年々数が少なくなっている助産院ですが、アットホームな環境で自然に出産ができ、食事も温かみのある手作りで、助産院で産んでみたいという人も少なくないと思います。しかし、医療設備が整っていないため、赤ちゃんや母体に何かあった時対応が遅れてしまう可能性があります。そのためローリスクの妊婦さんしか受け入れられません。緊急時、病院との連携はどうなっているか確認しておきましょう。

自宅出産
昔はほとんどの人が選択していた自宅出産ですが、現代ではかなり少数派になってきていると思います。自宅でリラックスし、家族に囲まれながら出産できますが、助産院と同じでローリスクの妊婦さんのみ対象です。

それぞれのメリット・デメリット

メリット・デメリットをまとめてみました。

 大学・総合病院個人病院・クリニック助産院自宅出産
メリット・ハイリスクに対応できる
・マタニティクラス等が充実している
・個室が多い
・食事やプレゼントが豪華
・医師との信頼関係が築きやすい
・アットホームな環境で自然な出産ができる
・産後までサポートが手厚い
・自然な出産ができる
・家なのでリラックスできる
・家族に囲まれて出産できる
デメリット・食事が味気ない
・出産時研修医が入ってくることもある
・個室が少ない
・高度なハイリスクには対応していない
・医師が少ないため、変えたくても変えられない場合がある
・ハイリスクは受け入れられない
・緊急時の対応が遅れる可能性がある
・ハイリスクは受け入れられない
・緊急時の対応が遅れる可能性がある

産院選びのポイント

ここでは産院を選ぶにあたっての6つのポイントを説明します。

家からの距離
最初は4週に1回の妊婦健診も、週数が進めば2週に1回、1週に1回など頻度が多くなってきます。そのたびに遠い場所に行くのは身体的にも金銭的にも負担になると思います。また、陣痛がきてすぐに行ける場所でないと、万が一間に合わなかったとき大変なことになります。なので、なるべく家から近いところがいいでしょう。

どんなお産がしたいか
なるべく自然に産みたいのか、無痛分娩がいいのか、フリースタイル分娩や水中出産をしてみたいのか、それぞれのメリットやデメリットなどをみて、考えて見ましょう。

母児同室や母乳に対する考え
病院によって母児同室、別室にしているところや、母乳育児を推薦しているところなどがあります。産後どのようにして過ごしたいか、母乳はどうしていきたいか、考えてみましょう。

ハイリスク出産かどうか
年齢や持病、胎児の状態や妊娠経過などによってハイリスクかどうかが分かります。医師に相談し、どこでなら出産可能なのかきいてみるといいでしょう。

個室かどうか
大部屋だと同室のお母さんたちと仲良くなれることもありますが、母児同室となると色々と気を使ってしまう方も多いのではないでしょうか。気になる人は個室があるかどうか、差額はいくらなのかチェックしておくといいでしょう。

費用
出産は保険がきかないので病院によって費用が違うのはもちろん、地域によっても大きく違います。人気で綺麗な病院ほど高いのでどこまでなら許容範囲か家族と相談して決めるのがよいでしょう。

私の選んだ産院

私は、近くのクリニックに通っています。出産もそこでする予定です(^^)
選んだ理由としては、
全室個室
食事が豪華
費用が比較的安い
24時間面会可能

家から近い(徒歩20分)

などの理由で決めました!口コミも見て、院長がすごく体重に厳しくて怖いと有名だったのですが、他のメリットが大きかったのでそこは体重管理を頑張ればいいやと思いました。(^_^;)
個室は私にとって絶対条件でした。もともと人見知りのわたしは、大部屋で過ごすと友達ができる以前に気を使ってストレスがたまりそうと思ったからです(笑)
面会に関しては今の時期期待できないですね(>_<)多分立会いも無理だと思います泣

おわりに

ここまで読んでくださってありがとうございます!最近では、病院の中でも助産師による健診・出産ができる院内助産や、健診は近くの病院で行い、出産だけ違う病院で行うようなオープンシステムなどを取り入れているところもあります。
家族と話し合い、自分にあった出産場所はどこなのかよく考え、いい入院生活が送れるといいですね☆
また、まだ産院場所が決まっていないという妊婦さんは、このコロナの時期感染対策として分娩制限をかけている病院もあるそうなので、早めに問い合わせてみた方がいいですよ!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました